本文へスキップ

 





平成28年10月に策定された「兵庫県地域医療構想」は、病床機能報告に基づき各圏域ごとの必要病床数を算定しているが、平成30年度に地域の実情に応じた定量的な基準を導入するために行われたアンケート調査結果も踏まえた、医療機能の分化・連携等の具体的な施策実施について、「地域医療構想調整会議」において検討・調整が行われ、その地域にふさわしいバランスのとれた医療・介護サービス提供体制の構築が図られることになる。
また、平成35年度で経過期間が終了する「介護療養病床」について、その受け皿として新設された「介護医療院」への転換も始まるなど民間病院を取り巻く環境は大きく変化しつつある。

一方で、2025年問題に向けた「分水嶺」と位置づけられた平成30年度の診療報酬改定において改定率は、本体部分は0.55%引き上げであるが、全体では▲1.19%と前回(平成28年度 ▲1.03%)よりも大きなマイナス改定となった。
加えて、平成31年10月に消費税が10%へ引上げられ、それに伴い診療報酬も改定されるが、医療に係る「控除対象外消費税問題」への対応は現行税制の矛盾した仕組みのままであれば、「控除対象外消費税」はさらに増加し、経営にとって致命的となり、引き続き、四病協や日本医師会と一体となって取り組んでいく必要がある。

平成31年度は、これらの動向を注視し、行政や関係団体との連携・協力を深めながら、諸事業を推進していくこととする。


1.管理運営・経営改善に関する事業
 (1) 定時総会の開催   年1回 
 (2) 理事会の開催    年10回
 (3) 委員会等会議の開催
    @事務長会幹事会  適宜
    A看護部長会幹事会 適宜
    B各種委員会等   適宜
 (4) 調査・研究の実施
    @病院給与・労働条件実態調査
    Aその他、必要な調査・研究
 (5)会員名簿の作成
 (6)会員増強活動の推進
 (7)兵庫県病院協同組合事業の活用促進

2.地域医療に関する事業
 (1) 兵庫県南部第2次救急医療連絡協議会の設立推進
 (2) その他、地域医療の充実に関すること

3.行政及び関連団体との連携に関する事業
 (1) 県、市の医療・福祉に関する各種委員会への参画
 (2) 控除対象外消費税の解消に向けた取り組み
 (3) 県病院関係6団体、その他医療関係団体との連携
 (4) 近畿病院団体との連携
    @近畿病院団体連合会委員会への参加
    A近畿病院団体連合会事務長会への参加

4.民間病院の労務・福利厚生に関する事業
 ・兵庫県病院企業年金基金の活用促進

5.広報活動に関する事業
 (1) 会報誌「兵庫県民間病院協会会報」の発行
   ・毎月25日 1,000部発行
   ・配布先  会員病院、県・市等関係行政機関及び団体
 (2) ホームページの運営
  
6 研修会、講演会などの開催に関する事業
 (1) 総会後の特別講演会
    期 日  2019年5月16日(木)
    会 場  ザ マーカススクエア神戸
 (2) 第15回研究発表会
    期 日  2019年8月31日(土)
    会 場  兵庫県民会館
 (3) 診療報酬請求漏れ防止対策研修会
    期 日  2019年9月17日(火)
    会 場  兵庫県医師会館
 (4) 事務長会・看護部長会合同研修会 
    期 日  2019年10月26日(土)
    会 場  ホテルヒューイット甲子園
 (5) 年末特別講演会・懇親会
    期 日  2019年12月3日(火)
    会 場  ザ マーカススクエア神戸
 (6) 病院経営アシスト・セミナー
    期 日  2020年1月22日(水)
    会 場  兵庫県医師会館(予定)
 (7) 2020年診療報酬改定研修会
    期 日  2020年3月17日(火)
    会 場  兵庫県医師会館
 (8) その他の研修会

7.「神戸圏域医療介護連携システム」の運営
2025年問題を見据え、「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取り組みが急務となっているなかで、
神戸圏域(神戸市・三田市)において、地域連携の円滑な推進を図るとともに、地域包括ケア関連施設情報を提供するため、「神戸圏域医療介護連携システム」を運営する。
(1)病院及び老健施設が、各々の「病床機能別空床数」「待機人数」「待機日数」などの情報を入力し、共有する。
(2)「介護老人福祉施設」「訪問看護施設」「訪問介護施設」など地域包括ケア関連施設情報を一元的に登録し、地域包括に携わる者及び市民の利用に供する。